2006年02月16日

平林亮子氏のプロフィール

1975年、千葉県に生まれる

小学校ではミニバスケットボール部に所属。
中学校では陸上部に所属。中長距離の選手として活躍する。千葉県で3位のランナーとなる。
小学校、中学校では、成績優秀&スポーツ万能の、まさに絵に描いたような優等生人生をまっしぐらに突き進む。

1991年、千葉県立千葉高等学校に入学

陸上部に所属し、練習に明け暮れる。
県内有数の進学校(?)だったため学業面で苦戦。優等生人生が少し崩れ始める。
しかし、なんとか見栄を張り、優等生を演じきる(演じきったつもり?)。
1994年、千葉県立千葉高等学校卒業。

1994年、お茶の水女子大学文教育学部地理学科入学

なぜか高校で一番苦手だったはずの地理を専攻することになる。
入学式翌日の新入生ガイダンスにて、平成不況のため就職難であることを告げられる。
就職のために資格でも取得しておこうかな、とぼんやりと考え始めたとき
「会計士だったら頑張れば受かるかもしれないぞ」
という父の言葉にまんまとだまされて、公認会計士試験の勉強を始める。
大学1年の春から、3年生の夏の会計士試験までの間、大学と専門学校の両方に通うダブルスクール生活が始まる。
簿記や会計の面白さにはまり、夢中になって勉強する。
「ブタもおだてりゃ木に登る」という言葉の通り、大学3年生の秋公認会計士試験に合格する。
1997年、大学4年生の秋より太田昭和監査法人(現新日本監査法人)でパートをはじめる。
1998年、お茶の水女子大学文教育学部地理学科卒業。

1998年、太田昭和監査法人(現新日本監査法人)に正式入所

国内企業の監査に多数携わると同時に専門学校で教壇に立つ。
2000年、公認会計士第3次試験合格と同時に監査法人を辞め独立。

2000年、平林公認会計士事務所開設

現在にいたるまで、企業のコンサルティングを行うかたわら、ビジネスセミナーの講師などもつとめる。
また、個人がいかにしてリッチな人生を送ることができるか、という見地に立ち、「お金力」を身につけるための指導、教育も推進している。
さらに、書籍、雑誌の執筆も積極的に挑戦している。

いつのまにか、優等生人生に別れを告げる。
人生楽しく幸せに生きるのがモットー。
posted by カンヂ at 01:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

お茶の水女子大学
Excerpt: お茶の水女子大学お茶の水女子大学(おちゃのみずじょしだいがく、英字表記:Ochanomizu University)は、東京都文京区大塚 (文京区)|大塚にある国立の女子大学。最初の「お」は平仮名表記..
Weblog: 大学情報局
Tracked: 2006-03-10 16:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。