2006年02月18日

平林亮子の『会計についてやさしく語ってみました』 目次概観

(1)利益のヒミツを語ってみました。
  □ 売上に隠された想いを感じよう
  □ 利益ってなんだろう?
  □ 費用は努力の結晶
  □ 全体で儲ける発想
  □ 利益は操作できるって本当?
  □ 会計士は正義の味方か
  ・・・その他

(2)資産の正体を語ってみました。  
  □ 資産を見ればビジネスのスタイルがわかる
  □ 資産の値段はどう決まる?
  □ 単価で考える値段の本質
  □ 安定した資金、不安定な資金
  □ 銀行は最大のファンド
  ・・・その他

(3)お金と利益の微妙な関係を語ってみました。 
  □ キャッシュは企業の血液
  □ キャッシュの流れをさえぎる3つのトラップ
  □ 儲かっているのに倒産するのはなぜ?
  □ 3つのキャシュフローを追いかける
  □ キャシュフローが生死を分ける
  ・・・その他

(4)決算書のツボを語ってみました。  
  □ 財務諸表はビジネスモデルの仕様書
  □ 損益計算書は1年間の成績表
  □ バランスシートは収支の予定表
  □ キャッシュ・フロー計算書は過去から未来への調整表
  □ 数字の本質を見抜く力をつけよう
  ・・・その他

(5)会計で世の中を追いかけてみました。  
  □ 財務諸表は世界とつながっている
  □ 企業は富を分配している
  □ 会計と経済で世の中を追いかけよう
  □ 会計でマルチリンガルになる
  ・・・その他

(おまけ)お財布の中身を語ってみました。
  □ あなた、儲かっていますか?
  □ 「費用対満足」ぼ視点が大事
  □ お金をコントロールしましょう
  □ プライスレスを楽しもう
  ・・・その他
posted by カンヂ at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。